車買取埼玉

車買取に必要な書類

車買取には様々な書類が必要になってきます。この書類は結構様々なものがありますので、間違いないようにしっかりと用意をしておくようにしましょう。これはどこの業者で買取をお願いしたとしても同じことですので、しっかり用意しないといけません。

車検証の住所が引っ越しなどのために現住所と違う場合や、結婚して姓が変わっているなど、特別な場合でなければ、どの車種でも、買取に必要な書類は同じになっています。

まずは車検証です。これはきちんと売ることができる車であることの証明にもなります。正式名称は自動車検査証で、新車登録時に発行されているものです。用途や所有者、車検日なども掲載されているので、車の身分証明書とも取ることができるようなものです。

続いて、自賠責保険証書です。これは強制保険とされている保険なので、車を売却するときにも必ず必要になってくるものです。
自賠責保険証書は必ず車検証と一緒に保有しているはずです。

さらに自動車税の納税証明書というものも必要になってきます。これは結構忘れがちなのですが、毎年4月1日に車の所有者、または使用者に対して課せられる地方税となっています。1年分の自動車税を納めるということは、車の所有者として必ずしているはずで、税収印を押した控えをくれるはずです。
これが、自動車税の納税証明書で、紛失しても各都道府県の税事務所で再発行手続きをしてもらえるので、必ず用意するようにしましょう。無ければ車の売却はできません。

実印も必要です。売却の際は、印鑑登録をしたものを持参する必要があります。
そして、印鑑証明も必要で、実印を押された書類がしっかりと必要になるのです。有効期限は発行三ヶ月以内になっている必要があります。

譲渡証明書は、車の譲渡を証明する書類になります。これは買取店やディーラーに用意してあるもので、個人で準備するような必要はありません。ただ、実印と印鑑証明の添付が必要なものです。
委任状は、車を譲渡して、所有者が変更になる手続きのために、通常は次のオーナーが行います。オーナー同士の両者が立会で行うということもありますが、これは現実的には不可能なものなので、代理を使って手続きを委任したという意味での書類になります。

これらの書類があってはじめて、車の売却をすることができるのです。
車買取に必要な書類